2012.05.21

金環日食

今日は金環日食が観察できる日だったんですが、あいにくの曇り空。
一昨日がすごく天気が良かったんですけどねー
残念。crying

それでも日食の様子を雲間から観察できました。happy01
パパが自宅で、天体望遠鏡(太陽観察用)や赤道儀まで出したらしいのですが、雲がフィルターの役をして、望遠鏡では真っ暗。

望遠鏡使うのはあきらめて、そのまま250mmの望遠レンズで撮影。
※フィルターを使わずに太陽を見るのは危険なので止めておきましょう。

パパが撮った写真のうち何枚か紹介したいと思います。


Img_1063太陽の食が始まったところ。
自宅からでは隣のマンションが邪魔でこれから撮影開始。









Img_1070_2太陽が三日月くらいまで欠けた状態。











Img_1095もうすぐ金環なるところ。











Img_1118そして金環日食。
この時、シャッタースピード1/4000。
ISO100で撮影。
レンズは250mmの望遠レンズを使用しています。








Img_1122_aおまけ。
Twitterで流したトリミングした
写真。
大きくしてみると綺麗です。happy01








お天気が残念ではありましたが、雲間隙間からなんとか金環日食が観察できました。
twitterでは大阪も雲が多かったみたいです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.12.11

皆既月食

昨日は、日本全国で観察できる皆既月食の日でした。

私も、18時ごろから機材を外に出して、撮影の準備をしてたのですが。。。

よくよく天文シミューレータで見ると、ほぼ南中したときに本影になるらしく、うちのマンションからだと、ぎりぎり観察できるか否かの状態でした。

 

 

計画変更して、機材を片付け。。。(*ノ_<*)エーン

カメラのみの撮影に切り替えました。

簡易赤道儀を探したのですが、以前お部屋を掃除したときにどこかに片してしまったようでみつからず、比較的大きな普通の三脚を使用しました。

 

 

場所はクルマの置いてある駐車場。ちょうど隣が空きなので、そこにカメラと三脚を設置。

ほぼ90度向きをかえるファインダーを持ってくるのを忘れて、真下からファインダーを通して見たので、ピントは怪しいです。。。(;・∀・)

 

Img_1036皆既月食の最中に本影(地球の影にすっぽり入った状態)になると月が赤く見えます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.09.26

VMC110Lがカメラ三脚に載るかどうか

ビクセン製のVMC110Lの望遠鏡が普通のカメラ用三脚に載せられるかどうかの質問(コメント)がきました。

答えは、仕組み的には取り付け可能だと思います。

というのは、今手元にVMC110Lがなく、実家に置いてあるので正確なことが書けません。

 

ただ、注意点としては、重さが2.3kgとカメラよりはるかに重い(巨大なズームレンズを取り付けたカメラよりは軽いですが...)ということ。

なので、よほどしっかりしたカメラ用三脚でないと、重さに耐えられないか、耐えても不安定になったり(眼視で観察するにしてもブレてしまう)することが考えられます。

近くに望遠鏡を売ってるお店があれば、一度現物を見て、お店の方に相談したほうがよいと思います。

 

専用の三脚だと、ビクセン製なら、価格の安いものだとポルタII経緯台が29400円(定価税込み)ですね。

実際にはもう少し安く買えると思いますが...

 

またカメラ用三脚もピンキリありますが、最大過重が2kgを超えるものだと、それなりのお値段になると思います。

カメラを望遠鏡に取り付けて撮影もしてみたいとなると、さらに重くなるので、専用の三脚を購入した方がよいと思います。

専用の三脚には、微動ハンドルというものがたいてい付いていますので、僅かに望遠鏡の向きを変える際に、とても有効です。

 

VMC110Lは焦点距離の長い望遠鏡なので、たとえば月を観察する場合は、カメラ用三脚を使っても狙いを定めることができるかもしれませんが、木星や土星を見ようとすると、この微動ハンドル(微動雲台でも可)がないと、なかなか狙いを定めることができません。

また天体は地球の自転によって動きますので、お勧めは簡易赤道儀の付いた三脚(BORGなどお勧めですが、三脚と合わせると5万円くらいいってしまいます...)です。

 

と、まあいろいろと思いつく限りのことを書いてみましたが、ご自分でもう少しお調べになってから購入した方がいいと思います。

望遠鏡のお店が近くにあるといいんですけどねー

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011.07.16

ミラーレンズで月を撮ってみた

Kiki私が所持しているのはケンコーミラーレンズです。

ミラーレンズは42mmのオスネジになってます。

カメラと接続するには、専用のTマウントというのが必要になります。

私のはEOS Kiss Digital なので、EOS用のTマウントとなります。

 

Tマウントはカメラによって変わってきます。最近はマイクロフォーサーズ(ミニ一眼カメラ)用のも出てますね。

ケンコーのサイトになくても、BORGのサイトで見つかる場合もあります。

Tマウントは専用といっても望遠鏡の世界ではカメラとの接続に広く使われている規格なので、BORGのサイトで見つかる場合も多いと思います。

ここの店長さんはとても親切な方で、望遠鏡にはかなり詳しい知識をお持ちですし、ご自分で写真もたくさん撮っている方なので、初めて購入する方は電話かメールで一度問合せをしてみるといいかもしれません。happy01

 

で、このミラーレンズをつかって撮ったのが下の写真です。

Img_1002_1 

 

 

 

 

 

 

メガネがあってないせいか、ブレたせいかピントを合わせたつもりでも、あってませんでした。。。orz

露出時間は1/350あたりで撮っています。

写真のサイズは変えましたが、トリミングはしてませんので、EOS Kiss Digital で500mmの望遠レンズで撮った場合の月の大きさが分かります。

 

1.5倍のテレコンバーターもありますが、レンズ接点を絶縁しないとエラーが出るので、面倒なので500mmの写真のみです。coldsweats01

 

最近、ミラーレンズで検索して来られる方が多いので久しぶりに載せてみました。

普通に望遠レンズと考えてよいと思います。

sign03

ピントは自分で合わせないとダメですし、手振れ補正の機構なども無いので、天体写真等を撮る場合はきちんと三脚(しっかりとしたものがいい)に載せて撮らないとブレます。

それと、月の写真では分かりませんが周辺減光という中心から外に行くほど、減光(暗くなる)する現象が現れます。

ここはガラスをたくさん使って補正をかけた望遠レンズとは違って顕著に現れます。

なので、惑星を撮る程度(露出時間が短くてすむもの)に考えていた方がよいと思います。

 

と、まあ私の知識ではこんなものです。coldsweats02

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.06

久々に太陽を観察しました

Testドイツでオーロラが見えたというニュースがありました。

これは太陽の表面で起きた大爆発の影響なのですが、実際に自分の目で見てみようと思い、太陽望遠鏡を出して観察してみました。

※自分の目で直接太陽は絶対に見ないでくださいsign03

 

そしたら、ニュースのとおりですね。

さすがに宇宙から撮影したNASAの太陽画像のようにはいきませんが、地上でも十分大きなプロミネンスを観察できました。coldsweats02

今まで見た中の十数倍は大きなものかな。

黒点も2つ。フレアも観察できました。

 

上の写真は太陽を撮る撮影機材がNeximageしかないので、荒いし、ぼやけてます(これは簡易赤道儀に載せただけなので追尾しないのです)が、画像処理を施したものです。

一番大きなプロミネンスが写っています。

これを太陽望遠鏡を通して、肉眼で見るとはっきりと見えて綺麗なんですけどねーcoldsweats01

それと、プロミネンスの左下に小さな黒点も写っています。

※左上の影みたいなのはゴミです。coldsweats01

 

昨年までと違って、太陽も少しずつ活発になってきたようです。

太陽が活発になると電子機器に影響を及ぼすので、注意が必要です。

この辺は、宇宙天気情報センターというのがあるので、参考にしておくといいと思います。

太陽は周期的に活動を活発にしてますので、これから3~5年でピークを迎えそうです。

今のところは平穏のようですね。happy01

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.25

明日は部分月食が見れます!お天気しだいですが。。。

Etc0502明日の土曜日は、満月で部分月食が見られます。happy01

 

欠け始めが19時17分。

食の最大は20時38分(およそ半分が欠けて見えます)。

食の終わりが22時となっています。

 

月は丁度満月で、東の空から18時58分(東京)に昇ってきます。

札幌だとちょっと遅い時間に昇ってくるので、ぎりぎり食の始まりから見れます。

那覇ではもっと遅い時間に昇ってくるので、食が始まってから見れます。

 

詳しくはアストロアーツに載ってますので、一度目を通しておくとよいと思います。

気になるお天気ですが、予報では。。。

東京は曇り。weep

東京から西の方は雨っぽいです。crying

東北は晴れ後曇り。coldsweats01

北海道は晴れ。happy01

となっています。

北海道は月が低い位置にあるので、晴れでも東の空がよく見える位置で観察しましょう~

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い  

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.20

フレアが多いようなので太陽を観察してみた

Sun_1画像が小さくなってしまいましたが、久しぶりに太陽のプロミネンスを撮ってみました。

アイピースに20mmを使うと太陽全体がクリアーに見えて、プロミネンスも4つくらい見えました。happy01

太陽全体をカラーでうまく写せる機材が家には無いので、USBカメラのNexImageで撮影。

一番大きなプロミネンスを撮ってみました。

 

Sun0004次はフレアです。

カラーだと分かり難いのと、色バランスがとんでもなく変になってしまうので白黒撮影しています。

こちらはUSBカメラのMEADE DSI IIIで撮影。

3箇所くらいにフレアが見えています。

1つは非常にわかりやすくて、中央からちょっとしたに少し斜めに傷が入ったように見えるのがフレアです。

残り2つは明るくなってるところにあるんですが、この写真だと分かりにくいです。coldsweats02

20mmのアイピースで見たときには、大きなフレアが1つしか見えなかったんですが、カメラだと3つ写っていました。happy01

 

2010年以降は太陽の活動も活発になってきます。

黒点も観測されてるみたいですが、家の機材では発見できず。crying

やっぱりもう一つフィルターが欲しいですね。

太陽表面はなかなかうまく観察できません。

でも高いんだよなぁ。。。weep

今年はクルマの車検もあるしお金はとっておかないと。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.19

ポータブル赤道儀を使ってみて

Img_0155_2ポータブル赤道儀と、EOS Kiss Digital X3との組み合わせでオリオン座を撮影してみました。

まずは、赤道儀OFFの状態。

レンズはEF-S55-250mm F4-5.6 ISを使用しました。55mmの広角で使用。

都心のど真ん中なので、周辺の明かりがひどく影響してしまっています。crying

星がみごとに流れてますね~

 

じぁ今度は赤道儀ONの状態。

Img_0156_2今度はほとんど止まった状態で撮れています。

周辺の明かりの影響は相変わらず。crying

 

これは地球が自転しているためで、赤道儀という機械で星の動きを追尾しているため、星が止まったように撮影できるわけです。

今回使用したのは、一眼デジタル程度なら載せられるポータブル赤道儀と、望遠鏡用の三脚を使用しています。

 

広角ならこの程度で星が止まるんですが。。。

ズームアップしてみましたsign03

Img_0162_2250mm限界いっぱい。

画像処理してますが、ピントが合ってない。coldsweats02

周りの明かりの影響がひどすぎて、これ以上中心部分を暗くしようとすると周りもどんどんか暗くなってしまって醜いので、この程度でやめています。

さすがにポータブル赤道儀ではきついですね。

250mmともなると星が流れてしまっています。

でもなんとかオリオン大星雲らしきものが写っています。happy01

 

とまあちょっとポータブル赤道儀で試してみました。

今夜は雲が出ていたので、明日には別のカメラと望遠鏡で再度撮りたいなぁと思います。

 

そうそう大事なことを。

この3枚の写真はすべて露出時間を1分としています。

都心のど真ん中で、これ以上の時間にするとバックグラウンドが明るくなりすぎて画像処理しても星が写らなくなってしまいます。。。crying

 

このセットを本当は軽井沢に旅行に行ったときに持っていけてれば。。。

もっと素敵な写真が撮れてそうな感じ。

あ~またいきたいな。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.02.13

天体用カメラへのノイズの影響

Image_1 横にノイズの影響があった写真を載せています。

※真っ白で見えませんが。。。coldsweats02

この写真が、コンピューターの電源部付近にあるUSBポートから天体用カメラにつないだときの画像です。

拡大すると、横線が画面全体にあるのがよくわかります。

 

Image_2今度はノイズの影響がなかった写真です。

※こちらも真っ白ですが。。。coldsweats02

ノイズがないので、真っ白の状態です。

先ほどの画像(上の画像)は、拡大すると全体にポチポチと点見たいなものが見えたともいますが、こちらでは一切確認できません。

この写真は、電源とは反対側にあるUSBポートから、さらにフェライトでコーティング・シールドされたUSBケーブルを使ったものです。

 

こんなにノイズの影響を受ける天体用カメラは初めてでびっくりしましたが、このカメラはとても感度がよく、CCDの大きさも普及されている一眼レフカメラよりも大きなものが使われています(APS-Cサイズより少し大きい)。

とりあえずノイズのない写真がこれで撮れるようになったので、嬉しいです。happy01

ちなみに、2月5日に撮影したオリオン大星雲はこのカメラでのものです。

露出時間はたった90秒。

ガイド撮影の必要もほぼなく、ノータットガイドで撮影できる範囲かと思います。

ピントが甘々ですが。。。coldsweats01

 

晴れたら、また撮ってみたいですね~

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.06

カノープスを探してみよう

Photo今の時期しか見えないカノープスを探してみましょう。

このカノープスは、この時期はシリウスに次いで明るい1等星の星です。

探し方は簡単なのですが。。。

関東より南の地域では、かなり低い位置に、南側に何もない場所とかで探さないと見えないかもしれません。※逆で書いてました。。。>_<

 

探し方は上のスクリーンショットを見るとわかると思いますが、シリウスとオリオン座のほぼ中間をず~と下に目線を下げていくと見つかります。

カノープスは、一目見ると寿命が延びると言われているおめでたい星です。happy01

この時期しか見えないのでぜひ探してみてください。

 

ちなみに、家からは南側に高いマンションがあって。。。

見えませんでした。orz

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧