« 新型PSP | トップページ | BATTLESTATION-PACIFIC-で遊んでみた(2) »

2009.06.01

3年ぶりの新作。。。

茅田砂胡作のレディーガンナー・シリーズ最新作が発売されました。

角川スニーカー文庫なので、かなりライトな小説です。

今回の主人公は、<<蜥蜴>>のベラフォードさん。

まだ5分の1しか読んで無いので、これからの展開が楽しみです。happy01

 

レディーガンナー・シリーズのことを知らない人には「なにそれ?」状態だと思いますが。。。

ちょっと解説しておくと、茅田砂胡の代表作品としては「デルフィニア戦記」というものがあって、この流れを組むものと、レディーガンナー・シリーズの大きく2作だと私は思ってます。

「デルフィニア戦記」の方がストーリーも派生した作品も多々あるので有名になってしまって、ほぼ定期的に出版されてますしね。

その大作に隠れがちなのがこのレディガンナー・シリーズ。

しかも、最新刊が実に前巻から3年目にしてやっと出たくらいですからね~

あとがきを読む限りでは、作者もこのシリーズの構想はまだあるそうなので続巻が楽しみではあります。

※茅田砂胡自体知らない人はwikiとかで調べてみてください。。。coldsweats01

 

時代背景としてはファンタジー小説なので実際の史実とは一切関係ありませんが、感覚的にはアメリカの西部開拓時代に近いものがあると思います。

その世界には無形種(人間)と、異種人類がいます。

異種人類とは、要するに動物人間みたいな感じで、どっちを普段とするかですが、人間の格好をして人間世界に住む人。

動物の形態をとって、人間とはかかわりを持たずに住む人とさまざまです。

互いに自分たちとは違う存在として蔑むもの、認めながらも共存を望むものと混沌とした世界になっています。

 

本編の主人公はキャサリンという女の子なんですが、44口径の拳銃の名手でもあり、異種人類に理解を示す人として、異種人類からも一目置かれる人。

ひょんなことからであった、異種人類である先ほどの<<蜥蜴>>のベラフォード、<<ごちゃまぜ>>のダムー、<<猫>>のケイティ、<<役立たず>>のヴィンセントとさまざまな事件に巻き込まれつつ、異種人類の理解を深めていくという感じの物語です。

ファンタジー好きな方には、かなりライトな小説ですが、お勧めです。

なぜ<<ごちゃまぜ>>なのか?とか~

なぜ<<役立たず>>なのか?とか~

男性にはちょっと買いにくいけどね。

表紙の絵が、ちょっとね。少女っぽいものなので。coldsweats01

興味があったら、手にとって見てみてくださいな。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« 新型PSP | トップページ | BATTLESTATION-PACIFIC-で遊んでみた(2) »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/45207960

この記事へのトラックバック一覧です: 3年ぶりの新作。。。:

« 新型PSP | トップページ | BATTLESTATION-PACIFIC-で遊んでみた(2) »