« 3500gにっ! | トップページ | 初音ミクにラピュタを歌ってもらいました »

2009.04.19

VMC110Lでの撮影と工夫

Etc0100ビクセン製スカイポッドとVMC110Lでの天体撮影の工夫かな?で調べられてくるみたいなので、ちょっとまとめてみたいと思います。

カメラですが、ミード製のDSI系のものがよいと思います。

その理由は、スカイポッドのような経緯台で長時間露光の撮影をする場合、画像が中心から周辺部にかけて回転してしまうためです。

これは経緯台全てに言えることなので、どうしようもありませんが、DSI系のカメラのソフトウェアには非回転画像を得るための機能(ハップル宇宙望遠鏡にも使われている機能です)が盛り込まれています。

 

[補足]

1.ミード製の望遠鏡は経緯台でも回転軸を傾けることで、赤道儀としても使えます。スカイポッドにはこの機能はありません。

2.ミード製品の日本代理店がありましたが、今はありません。個人輸入(代行)でしか入手できません。残念。coldsweats02

3.DSI系のカメラが無い場合は、月・惑星などの短時間露光の天体なら問題なく撮影できます。

 

DSI系のカメラがあれば、普通に天体写真を撮影することが出来ます。

がっsign03

個人的には以下のような工夫があれば、もっとよいと思います。

1.ミラーシフト(反射鏡の重さでピントがずれる)は、ピント・ノブと本体の間に紙を折って挿すと防げます。

2.ダーク画像(カメラにキャップをつけて)を撮影することでホット・ピクセルというノイズを消せます。要画像処理pencil

3.フラット画像を撮ることで周辺減光やレンズに付着したゴミ、カメラ内のゴミ等を消す(目立たなくする)ことが可能です。要画像処理。pencil

4.写真は2の乗数枚撮るとあとで加算平均してランダム・ノイズを消し、S/N比も向上します。要画像処理。pencil

 

今は入手困難なDSI系カメラですが、1ショットカラーとモノクロの2種類があります。

モノクロの場合は他に、赤、青、緑のカラー・フィルターがあればカラー化できますし、1ショットカラーよりもカラー化の自由度が増しますが、同じ画像を4枚(LRGB)撮らないとカラー化できないので難易度は高くなります。

ただし、モノクロの場合は1ショットカラーよりも理論的には数倍近い解像度が得られます。happy01

 

話を簡単にして説明すると、1ショットカラーの場合、撮像素子の前面にカラーフィルターが付いています。

4つの素子でひとかたまりで、緑2個、青、赤のフィルターを使って、1色を表現します。

人間の目は緑の感度が低い高いので2個使われています。

ちなみに、一眼レフカメラ、コンパクトカメラ、携帯電話カメラの撮像素子は全部同じような作りになってます(カラーフィルターの並び方が各社違ったりしますが。。。)。

 

モノクロの場合は、全素子を使って撮影できるので理論的に解像度は高くなる訳です。

なのでモノクロ・カメラの方が高いですね。

カラー・フィルターも必要ですしね。

ただ、難易度が高いので、1ショットカラーの方がお手軽ですね。coldsweats01

 

と、つらつら書いてみましたが。。。纏めると、

DSI系カメラが無いと、天体写真は難しいです。。。残念っsign03

※月・惑星は普通のカメラでも大丈夫。happy01

 

P.S

スカイポッドの経緯台では無くて、赤道儀を使えばDSI系のカメラに頼らなくても天体撮影は可能ですよ~happy01 

 

P.S2

コメントに指摘があったので修正しておきました。逆でしたね。coldsweats01

ただ、LRGBの撮影方法と、緑の感度がよいこととは無関係です。

人間の目は輝度(L)に対して敏感なことと、緑の話がごっちゃになってますが、別の話です。

LRGBの撮影方法は、色ではなく、この輝度に対して敏感なことを利用した撮影方法です。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« 3500gにっ! | トップページ | 初音ミクにラピュタを歌ってもらいました »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

緑は人間の眼にはもっとも感度が良く、ここから輝度情報(L画像)を得るのがもっとも分解能の向上に繋がるのですが?

投稿: 通りすがり | 2009.04.22 20:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/44722782

この記事へのトラックバック一覧です: VMC110Lでの撮影と工夫:

« 3500gにっ! | トップページ | 初音ミクにラピュタを歌ってもらいました »