« ミラーレンズで月を撮ってみました | トップページ | LCD-DTV222XBRのレビュー(その2) »

2009.03.08

カエルのフィギュア作り

Dscn0198昨日は葛西臨海公園にある水族館に行ってきました。happy01

お天気もまあまあよかったです。

正面に見えるのが水族館のドーム。

ここが入口・出口になっていて3階になります。

 

今回の目的は、”カエルのフィギュア”作りです。

水族館のイベントで、昨年4月から今年の3月末までが国際カエル年(国際的にみてもカエルは減少傾向にあるとのことでした)ということで、最後のイベントだったようです。

フィギュアは石膏で出来ていて、そこに色を塗るところからはじめます。

Dscn0221<--- 貸し出された水彩絵の具

 

 

 

ちなみに、フィギュアの元となったカエルは、フィギュアのために犠牲になったわけではなくて、麻酔で眠らせて型をとったそうです。その後型を複製して各水族館に貸し出されているようです。

本物のアカガエルも水槽に入っていて、本物を見ながら着色できるようになってました。

アカガエルを飼育するのは大変だそうです。

カエルは動くものしか食べないそうなので、エサの確保が難しいのだとか。

何をエサにしてると思いますか?

 

コオロギだそうです。

コオロギの飼育は簡単で、増やすのも比較的簡単でいいエサになるそうです。

そうそう葛西臨海公園にもアカガエルはいますが、今は卵を生んで冬眠中だそうです。

なんで冬眠するかと言うと、卵から孵った子供たちは当然泳ぐので動く訳です。

アカガエルは動くものは食べるので、自分たちで子供たちを食べてしまわないように卵を生んでからも冬眠するのだそうです。

 

後で卵を生んだ場所を教えてもらったので、見に行きましたがものすごい量の卵が葉っぱの裏とかにくっついてました。

ちょっときもかった。。。coldsweats01

こういったカエルに関する説明を聞きながら約1時間後にパパのが完成。

Dscn0231<--- パパの塗ったアカガエルのフィギュア。

    大きさは5cm四方くらいです。

    ラッカーで保護してあるのでテカテカ。

 

その後は流れ解散でした。

あとは水族館の中を見つつ帰宅しました。

久しぶりに行ったよー

ベビーカーでの見学者たちもたくさん見たので、ベビちゃんが生まれたらまた来たいなぁと思いました。

ちなみに、小学生以下は無料です。

中学生も都内の学校に通っている人たちは無料だったかな?

大人は700円でした。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« ミラーレンズで月を撮ってみました | トップページ | LCD-DTV222XBRのレビュー(その2) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/44278339

この記事へのトラックバック一覧です: カエルのフィギュア作り:

« ミラーレンズで月を撮ってみました | トップページ | LCD-DTV222XBRのレビュー(その2) »