« ルナティア日記(4) | トップページ | ルナティア日記(5) »

2009.01.30

天体望遠鏡の選び方(ちょっと補足)

天体望遠鏡を購入しようと考えている方への用語とかの補足です。

・望遠鏡の種類

屈折型、反射型(ニュートン式、カタディオプトリック式)とあります。

初めての場合は、扱いやすい屈折型がいいと思います。

 

・レンズ・コートの違い

屈折型の望遠鏡には高いのと安いのがありますが、高いのは大抵後ろに”ED”という文字がついています。

レンズのコーティングの違いで、安いのと高いのとでは色にじみ影響に違いがあります。

光は赤外から紫外まで波長が異なりますので、レンズを通して見たときに波長の違いによって焦点距離に若干の違いが出てきます。

この違いが写真に撮ると色にじみとして写ります。

 

・赤道儀と経緯台の違い

赤道儀も経緯台も今ではモーター付がほとんどです。

赤道儀は地球の自転軸に合わせて望遠鏡を傾けるので、その動作に最初は戸惑うかもしれませんが、撮影する場合には必須になります。

経緯台は水平方向と縦方向に動くので直感的に星を導入しやすいです。

しかし、撮影する場合は地球の自転軸にあっていないため、写真を撮ると星が回転したようなものが写ります。

ただ、ミード製の望遠鏡は経緯台を傾けて赤道儀としても使えます。

またミード製のカメラにはこの回転を打ち消す技術があるので、これと合わせると経緯台でもいいかも知れません。

このカメラは、ミード製の望遠鏡でなくても使用できます。

 

またほとんどのものがコンピューター付きなので、最初に1つか2つの星を主導で導いてあげれば、あとは見たい星に望遠鏡を自動で動かしてくれます。

赤道儀も載せられる望遠鏡の重さによって、値段がかなり違ってきます。

 

私はSX赤道儀(液晶画面がついていて私のような初心者でも分かりやすいと思った)を選択しました。

望遠鏡はA80SSというビクセンでは一番安い望遠鏡です。

ただ、今では新望遠鏡を買ってしまったため、出番があまりありません。

 

過去記事になりますが、2006年だったかな?の10月あたりに私が望遠鏡をどうやって比較して決めたのか?という記事を載せています。

天体望遠鏡購入までの道のり-1

3まで書いているのでページをめくってくださいね。参考になればいいのですが。。。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« ルナティア日記(4) | トップページ | ルナティア日記(5) »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

ハジメマシテ!
天体観測に憧れて最近チョクチョクお邪魔してます。
最初の望遠鏡を何にするのかで未だ悩んでますので、参考にさせて頂きます♪

投稿: コタロー | 2009.01.30 19:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/43902522

この記事へのトラックバック一覧です: 天体望遠鏡の選び方(ちょっと補足):

» 望遠鏡 初心者選び/ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。 [望遠鏡 初心者選び deロマン紀行 ]
ごめんなさい。間違えてトラックバックしちゃたかもしれません。あなたのサイトの片隅にちょこっとだけリンクさせていただければ幸いです。ありがとうございます。ご迷惑でしたらお手数ですが削除してください。... [続きを読む]

受信: 2011.06.29 10:30

« ルナティア日記(4) | トップページ | ルナティア日記(5) »