« もうすぐ見納めな木星 | トップページ | 追加コンテンツ第二弾!(その2) »

2008.10.05

昨日の成果!

昨日は、少し課題を解決できたような気がします。happy01

まず、南側ベランダでの観望だったので、アラインメントは正確に取れていないことはご容赦願います。

※北極星が見えなくても、正確に合わせる方法は知ってますが、面倒でしなかった。。。coldsweats01

 

嬉しかったことっsign03

M2とM15という散開星団を撮ることができましたっscissors

今までピントもめちゃめちゃだったけど、今回は自分では結構いい出来な気がします。

マイフォトに記録として残しておこうと思います。happy01

 

失敗したこと。。。crying

やっぱりAOだけじゃオートガイドできないほどズレていた点ですかね。

オファキシスガイダー載せると積載量オーバーなので、どうしようか思案中。

ちょっとぐらいのズレならAOでカバーできちゃうんですけどね。

 

学習したことっsign03

星4つまでで望遠鏡のアラインメントを取ると、肉眼で確認できない天体もだいたい撮影領域内に捉えることが出来ました。

だいたい都内(江戸川区西葛西)のものすごく明るい土地では、1等星より暗い天体は肉眼では見えません。

私は目が悪いので、ほとんど木星しか見えません。

暗さに慣れてくると、やっと1等星も探せる感じです。

北極星が肉眼で見えないんですよっsign02

 

50mm6倍だったかな?のファインダーでも2~3等星くらいしか確認できません。

なので、今回のM2(6.3等星)やM15(6等星)なんて見えるはずもありません。

こんな状況なのですが、望遠鏡のアラインメントを4つ程度は取ることで、対象を撮影領域内に収めることが出来るんだと少し自信がつきました。happy01

 

M2_2<-- 最後に撮ったM2です。

   露出時間は30秒。

   ぎりぎり星が流れていないかな~?

他にもM2はいろいろと撮ったのですが、全部星が流れていたのでボツ。coldsweats02

 

M15<-- M15です。

   M2よりも大きくて迫力があります。

   ホットピクセルが目立つのが残念。coldsweats01

ちなみに、これは露出時間30秒の4枚をコンポジット合成してあります。

これもたくさん撮ったのですが、流れていないのが4枚しか無かった。。。orz

 

番外の失敗編。

M15_120s<-- M15ですが、120秒の露出時間。

   AOで途中で追いきれなくなった。。。

 

ホットピクセルがやたらと多いのは、途中で追いきれなくなったため、ダークフレームを撮っておらず、処理してないからです。

あーあと、0度近くにすると霜がついちゃいました。

なので、5度前後までしか下げてないです。。。coldsweats01

ちゃんと除湿するためのメンテをして置かないとダメですね。

一応、前日も同様な状況になったのですが、1回ではダメだったみたい。

ちなみに、前の写真と比べると暗い星まで明るく写ってました。

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« もうすぐ見納めな木星 | トップページ | 追加コンテンツ第二弾!(その2) »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/42693575

この記事へのトラックバック一覧です: 昨日の成果!:

« もうすぐ見納めな木星 | トップページ | 追加コンテンツ第二弾!(その2) »