« 追加コンテンツ第二弾!(その2) | トップページ | 戦場のヴァルキュリアのフィギュア予約中 »

2008.10.08

VMC110Lについて

Etc0082_2ビクセンVMC110Lについて調べてる方が多いようなので、一所有者として感想を書きたいと思います。

ちょっと前に、ボロクソに書かれたコメントがありましたが、ご本人の意見なのか?雑誌か何かの批評による意見なのか?結局分からずじまいでした。

なので、信用してよいのかどうか分かりませんし、気にしなくても良いかも知れません。coldsweats01

雑誌による批評ならその出典先を、どなたかのお話ならその方のお名前を(有名人に限る)書かれるべきだと思います。

 

では、私個人の感想ですが。。。

今一です。。。まあ、使用目的によっては評価が変わると思います。

今はさらに安価なVMC95Lという鏡筒も出たので、そちらも比較検討した方がいいかも知れません。

※VMC95Lは所有してませんので評価できません。あしからず。

 

今一というのには、根拠があります。

VMCシリーズは、主に眼視向けに作られている鏡筒で、VCシリーズ(1つしかありませんが。。。)は、眼視・撮影向けです。

これはカタログに書かれています。

 

私の趣味は眼視で楽しむよりは、記録として写真に撮って置きたいというのが主眼なので、撮影に向かないという点でマイナスです。

購入前はそういうことがぜんぜん分からなくて、購入してしまったんですが。。。

ただ、非常にコンパクトにできているので、持ち運びという点では良いかと。

それに安価ですからね。happy01

 

それと、扱いがちょっと難しくなります。

A80SSのような屈折式望遠鏡よりも、VMC110Lのようなカタディオプトリック式望遠鏡というのは光軸が狂いやすいという点もありますし、スパイダー(鏡筒と副鏡を繋ぐバー)の影が写りこみやすい点です。

また、私が住んでいる都内では、ものすごく空が明るいのと、周辺には煌々と光る街頭がたくさんあるため、その影響をどうも受けやすい気がします。

 

なので、これ一本で何でも見れる・撮れるとは考えないほうが無難です。

明るい天体である惑星(月や土星、木星など)の撮影には困らないですし、約焦点距離1000mmの望遠レンズと考えて、野鳥観察に使うなんていうことも考えられます。

この場合は、眼視・撮影ともに有効だと思います。

反対に暗い天体(露出時間を長めにして撮影する)場合は、周辺減光の影響がものすごく出ます(都内だからかも知れません。地方の暗いところだとどうかは試してません)。

スパイダーは光の回析の影響を少なくするために湾曲してるのですが、このスパイダーの厚みが結構あるので、影が写る点もマイナスです。

 

マイフォトに、小さいですが土星(小さな黄色っぽい土星です)を写した写真があるので、ご覧になってください。

条件が良ければもっとましな写真が撮れたとは思います。。。

初めての土星の写真なのでご容赦ください。

対して、オリオン大星雲を撮った写真は、周辺減光が激しいのと、迷光が激しい(と思われる)のとでリング状に明るくなったり、暗くなったりしています。

何枚かチャレンジしましたが、フラット・フレームを合わせて撮ることである程度はこの影響を抑えることができました。

 

と、まあつらつらと感想を書いてみました。

一長一短あるのは、どの望遠鏡もそう(1本で全てを賄えるスーパーな望遠鏡はありません)なので、ご自分の目的にどこまでかなうか?予算的にも大丈夫か?などが判断の基準になるかと思います。

ちなみに、私は今は笠井トレーディングNERIUS-127EDTという望遠鏡があるので、VMC110Lの出番はさらに少なくなってきています。。。coldsweats02

※焦点距離があまり変わらないのと、NERIUSの方がF値が7.5と明るいためです。

 

ちょっと誤解を招く恐れの表現もあるので一言付け加えておきます。

私の住む東京都江戸川区西葛西という土地は、地上10階建て以上のマンション郡が多数あります。

そしてそれらの建物(共用通路?)からの明かりの影響は計り知れません。

地平線近くになったら、まず天体を見るのが難しい環境であること。

普通に夜空を見上げても1等星より明るい星でないと肉眼では見れないこと。

そうなんです。極軸合わせをするための北極星が肉眼では見えません。

極軸望遠鏡を使えば見えますけどね。coldsweats01

 

そんな土地に住んでいるため、望遠鏡を通して見た夜空でも星は数個しか見れません。

それはA80SSでも、VMC110Lでも、NERIUSでも、C9.25であってもです。 

そんな特殊?な環境下でいつも観望しているので、眼視はほとんど無理に近く、写真に頼らなければならないということも一因となっています。

天体観測として理想な土地に住んでいる方であれば、VMC110Lの評価も変わってくると思います。

2008.10.8 17時ごろ追記

 

 

素晴らしい すごい とても良い 良い

 

|

« 追加コンテンツ第二弾!(その2) | トップページ | 戦場のヴァルキュリアのフィギュア予約中 »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

Fもくらいし、副鏡の遮蔽も大きいし、VMC110は値段相応の鏡筒ですよ。コンパクトだけが取り柄。

http://starhappy.jugem.jp/?cid=5

http://www.geocities.jp/rascal_fh/A-telescope-1.html

http://blog.livedoor.jp/kazu_star/archives/50795241.html#comments

投稿: 値段相応 | 2008.10.18 02:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/42720065

この記事へのトラックバック一覧です: VMC110Lについて:

« 追加コンテンツ第二弾!(その2) | トップページ | 戦場のヴァルキュリアのフィギュア予約中 »