« なんじゃこれは | トップページ | Panasonicからミニ一眼カメラ登場 »

2008.09.16

DSIでError status=207が出る場合の対処法

MEADEDSI カメラを利用している方限定ですが、Fits形式でセーブできないトラブルの対処法を見つけたのでメモしておきます。pencil

 

症状:

ENVISAGE(カメラ制御プログラム)で、セーブ形式をFits形式にすると、以下のエラーが出て、正常にファイルがセーブされない。

エラーメッセージ:

File save error status=207

 

原因:

ENVISAGEの初期設定情報が壊れたため。

 

対処方法:

スタート・メニューから、「ファイル名を指定して実行」を選択。

ダイアログに「regedit」と入力して実行(Vistaの場合は管理者権限にする)。

”HKEY_CURRENT_USER”をクリック。

”Software”をクリック。

”Meade Inst”をクリツク。

この配下のフォルダ”Envisage”を削除。

 

これで、ENVISAGEを再起動で保存フォルダ、ダーク画像の保存フォルダを指定して、カメラで撮影してみると、上記のエラーは解決されているはず。scissors

日本語が原因かとも思ったのですが、この対処法は海外サイトで発見したので、英語を利用して初期設定をしても壊れることがあるようです。

重要なのは、保存フォルダの指定くらいなので、その指定だけ変更すればOKかと思います(他の項目を入力すると壊れる可能性が非常に高いです)。

 

 

P.S

いや~しかしオートガイドは難しいですね。

撮影対象の近くにガイド星を発見できませんでした。。。weep

一応、オファキシスガイダーを1周させて確認したんですが。。。

東京の夜空では難しいかな?

今日は雲が出てきたので、おしまい。

 

次回はNexImageじゃなくて、DSI Proを使ってみようと思います。

こっちのが感度いいしね。

DSI Proと、DSI3は両方つなげても問題ないことを確認しました。

ENVISAGEからも、PHD Guidingも1台しか認識しないので、バッティングして困ることはなさそうです。

 

|

« なんじゃこれは | トップページ | Panasonicからミニ一眼カメラ登場 »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/42497554

この記事へのトラックバック一覧です: DSIでError status=207が出る場合の対処法:

« なんじゃこれは | トップページ | Panasonicからミニ一眼カメラ登場 »