« 脚装備ゲット('▽')v | トップページ | 「WILLCOM D4」発表で。。。 »

2008.04.12

仮想PCの誤解

Etc0186_2VirtualPCVirtuslBoxなどの仮想PCについての誤解があるようです。

VMwareは触ったことが無いので、ここでは触れませんが似たようなものだと思います。

※上記のリンク先はWiki 又は製品を取り上げた記事です。

 

そもそも仮想PCとは、ホストOS(Windows VistaやLinux等)上で、ゲストOS(Windows XP等)を動かす仮想的なPC/AT互換マシンのことを指します。

私のPCでは、ホストOSはWindows Vistaで、ゲストOSはWindows XPとしています。

これはWindows Vistaでは動作しない古いソフトウェアがあるためです。

たとえば、YAMAHAのXG Worksや、PCゲームの多くがあります。

 

ここで”誤解”されるのが、ゲストOS上で動作するものとしてPCゲームも動作するだろうと期待されることです。coldsweats02

PCゲームの多くは、今では3Dグラフィックスが当たり前で、DirectX9.0cを要求します。

がっ!!!

仮想PCの多くが、DirectX9.0cの3D機能についてはサポートしません

 

上のスクリーンショットを見てください。

仮想PCのグラフィック・デバイスは、ホストOSが動作するPCとは異なるものです。

DirectXの機能を、ほとんどサポートしません。

たとえホストOSが動作するPCのグラフィック・デバイスが最新のGeForce9800のような高性能なものであっても、仮想PCのグラフィック・デバイスは一種のエミュレーターであって、3D性能など無いのです。

なので、仮想PC上のゲストOSで、3Dゲーム等をインストールすることが出来ても、当然動作することはありません。

DirectXの機能を使ったゲーム(3Dじゃないもの)も恐らく正常に動作しません。

 

ただし、上の例にあげたXG Works等の3Dグラフィックス(DirectX)とは無関係なソフトウェアは正常に動作します。

Etc0187<--- ゲストOS上でXG Worksを使って

    いるところ。

ただ、DirectXを使っていなければ全部が全部動くとは限りませんが。。。

なので、もし、DirectXの3D機能を要求するゲームで、ホストOS(Windows Vista)で動作しないものがあったら、素直にデュアル・ブート環境にして、Windows XPでも起動するようにした方が良いのです。

 

Macユーザーでもあるのですが、あまりに古い機種しか持ってないのですけど、Parallels DesktopというMac用(Intel CPU搭載機種)の仮想PCでは「New! Run selected PC-only 3D games and graphics applications on your Mac」と書かれているので、3Dゲームも動作する感じですね。

ただし、有料(約8000円?)です。上で紹介したVirtualPCVirtuslBoxは無料です。

|

« 脚装備ゲット('▽')v | トップページ | 「WILLCOM D4」発表で。。。 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/40855871

この記事へのトラックバック一覧です: 仮想PCの誤解:

« 脚装備ゲット('▽')v | トップページ | 「WILLCOM D4」発表で。。。 »