« 男鹿和雅展に行ってきました | トップページ | 夏祭りイベント »

2007.09.11

「空ノ鐘の響く惑星で」読破

渡瀬章一郎の「空ノ鐘の響く惑星で」を全巻(外伝含む)を読み終わりました。

12巻+外伝1巻です。

 

読んでみての感想は。。。

出版社が、電撃文庫なので、若い人(ハイティーン~20代くらい?)向けの内容かな?

後半で若干ストーリーに無理があるなぁというところも出てきますが、ファンタジーの世界観とかはよく作られていて楽しめました。

 

ただ、注目の主人公と、二人の女性との関係は、最後にはやっぱりその手かーというちょっと反則というか、男性ならいいのかも知れませんが。。。というところに落ち着いてしまうので残念。

最終巻と外伝に出てくるシアは可愛らしくなっているし、お気に入りのパンプキンの本名が出てきたりとサプライズもありました。

生きてて良かったよーパンプキン。

かぼちゃの被り物をとったときの彼の挿絵があったら素敵なんですが、まあそこは読者が創造して楽しむってところですかね。

 

で、読み終わってしまったので、次に読むものを物色していたら、茅田砂古のクラッシュ・ブレイズ・シリーズの最新刊「ミラージュの罠」が出ていたので、速攻購入。

こちらも夢中になって読み終わっちゃいました。(;^。^A アセアセ・・

んーどうしよう。

新しく読みたい本が。。。

 

で、また「デルフィニア戦記」を読み始めちゃいました。('▽')b

好きなんです。このお話。(*´д`*)

もう5回目かな?

また、週末に本屋さんにいって、10巻程度のまあまあ長編の小説を探したいと思います。

何かお勧め本(ファンタジー物に限る)がありましたら、教えてくださいませ。

|

« 男鹿和雅展に行ってきました | トップページ | 夏祭りイベント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

フォーチュンクエスト知ってるよっ!
レベルアップたら、レベルアップおめでとーの歌を歌うんだね。
確かコミックも出てたかな?
小説も持ってるけど4巻くらいまでかも。
続いてるんだね~まだ。
さっそく本屋さんに行ってみますね。
infoありがとー^^ノ

投稿: Mikachn | 2007.09.24 13:38

おひさしぶりっす。

私もライトノベルが好きで電撃文庫系もよく読みます。

人によって好みが違うのでなんともいえないけど私のオススメご紹介。

(中学生の頃から読んでるシリーズ)
・ロードス島戦記
メジャーすぎて読んだことがあるかもしれませんね^^正統派ファンタジーです。

・フォーチュンクエスト
やたら生活臭漂うほのぼのファンタジーです。今も続いています。

・スレイヤーズ
独自の魔法体系が面白いファンタジーです。
主人公のリナの性格がキてます。
Thiaの性格付けにちょっと影響ありw
本編は終了してますが、すぺしゃるのほうは続いています。

(最近読んでるライトノベル)
・Fate/stay night[Realta Nua]
って、本じゃなくていきなりサウンドノベルかいっ
PS2で発売中、ファンタジーなボーイミーツガール物です。
シナリオがいいです、ボリュームも全クリするのに60時間くらいはかかるので十分です。

・DDD
上のFateのシナリオ担当の方が書いている本。ファンタジーではないけど面白いです。

・刀語
時代劇ファンタジー?
この作者さんの作品はどれもさくっと読めます。

・イリヤの空 UFOの夏
一番好きなライトノベルかも。
ちょっとSFなボーイミーツガール物。
表現能力が素晴らしいです。読んでいると背景や人物の動き、心情がその場にいるかのように把握できます。
この作品は捉え方によってグッドエンドかバッドエンドか変わってきます、みかさんの場合はどちらでしょうかね?^^

他にも色々読んでいますが、とりあえず私の主観に基づいて面白いと思ったものを挙げときました。

気が向いたら読んでみてください^^

投稿: ThiaとかWolterとか | 2007.09.24 13:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/16415963

この記事へのトラックバック一覧です: 「空ノ鐘の響く惑星で」読破:

» 浮世絵の極み春画 [春画画像専門店〜浮世絵・枕絵・歌麿・太陽ほか]
浮世絵ときいて、男女の情交の画像、極みは48手・・・などの枕絵風俗、アダルト的な映像が頭に浮かんだかたも浮世絵・春画の見方がこれからは、変わるでしょう江戸当時、人気のあった花魁(おいらん)や人気歌舞伎役者、心に染みる景色の絵など歌麿や北斎といった優れた浮世絵師の春画・浮世絵が木版画の技術向上にともなって、今で言う街頭ポスターやチラシ読み物の挿し絵に使われるようになって、浮世絵は多くの人々の心を躍らせました。そ�... [続きを読む]

受信: 2007.09.11 22:59

« 男鹿和雅展に行ってきました | トップページ | 夏祭りイベント »