« 次期アップデート | トップページ | エレンディルの墓 »

2007.08.27

明日は皆既月食です!

Etc0135夏休みも終わりに近づいて、宿題にヒーヒー言いながら追い込みをかけている子供たちもいるかも知れません。

明日、夏休みの自由課題として最適な現象が起きます。

それは、実に6年ぶりに観測できる皆既月食です。

 

月食とは、月と太陽の間に地球が入ることで、地球の影によって、月の姿が見えなくなってしまうことを言います。

半月や三日月のような状態では、地球の影に隠れることはありませんので、月食を見ることはできません。

また、満月だからといって、いつも月食が見れるわけではありません。

太陽と、地球、そして月がほぼ一直線上に並んだときにしか観測できないのです(実際にはそれぞれの軌道は一直線ではないので、満月のたびに月食が見れるということはないのです)。

 

同じような現象で、日食というのがありますが、これは地球と太陽の間に月が入ることで、太陽の姿が見えなくなってしまうことを言います。

月の大きさは小さいので、日本ではなかなか皆既日食(太陽が月の影に全部隠れてしまうこと)は観測できませんが、明日の皆既月食(月が地球の影に全部隠れてしまうこと)は日本のどの地域でも観測することができます。

 

月は明日、満月を迎えます。

そして、東京では18時10分ごろに東の空から上ってきます。

地域によって若干のズレ(±15分程度)がありますが、どこでも皆既月食を見ることができます。

ちなみに、皆既月食(本影食)の始まりは18時50分ごろからなので、すでに月食が始まった状態で上ってくることになります。

 

東京では高い建物が多いので、実際に見えるのは19時近くになってからかも知れません。

が!19時37分が月食の最大(月全体が地球の影に隠れてしまう)なので、見つけ難いかも知れません。

皆既月食といっても、月が全く見えなくなってしまう訳ではなくて、うっすらと赤みを帯びた月の姿を観測することができますので、なんとか探してみてください。

そして、この時間から少しずつ地球の影がズレて行き、20時22分に月食(本影食)が終ります。

 

”本影”とは地球の影の濃い部分を指します。

”半影”というのもあって、これは地球の影でもかなり薄い部分を指します。

この辺は専門的な用語になるので、あまり気にしなくてもOK。('▽')b

 

さあ夏休み最後の、天体イベントが明日見えますので、ぜひともお子さんと一緒に感想してみて下さいっ!!

双眼鏡や、倍率の低めな望遠鏡があるとさらに良く見ることができますよ!!

 

皆既月食については、以下のサイトから詳しい情報が見れます。

AstroArts 【特集】皆既月食

|

« 次期アップデート | トップページ | エレンディルの墓 »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

長野市のライブカメラで月食が写っていました。ちょっとだけだけど
http://nagano-city.com/

投稿: まなか | 2007.08.29 20:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/16251921

この記事へのトラックバック一覧です: 明日は皆既月食です!:

« 次期アップデート | トップページ | エレンディルの墓 »