« 金星と土星 | トップページ | DSI Proの画像いろいろ »

2007.05.10

なかなか楽しいDSI Pro

Etc0130ミード社DSI Proを買いました。('▽')ノ

冷却CCDカメラは非常に高価(安くても20万円はする)ですが、やっぱり天体撮影用に作られたカメラについても触れておきたいと思い、散々悩んだ挙句、DSI Pro(モノクロ)にしました。

 

DSI Pro(モノクロ)の特徴は。。。

・高感度CCD(ソニー製)の採用

・ピクセルサイズ:510×492(約25万画素)<<注>>

・A/D変換:16ビット

・露出時間:1/10000秒~1時間

・USB1.1又は2.0の接続で外部電源不要

・大きさ:80×80×20mm

・重さ:300g

 

購入するにあたって考えたことは。。。

・価格が安い!---- 2万9400円

 最新機種のDSI II は海外では$699なので個人輸入するメリット

 がありますが、この機種では国内価格とほとんど変わりませんし、

 なにより国内でのサポートが受けられるメリットがあります。

・USBケーブル1本での接続なので簡単便利。

・31.7mmスリーブ付きなので、アイピースと同様な感覚で扱える。

・重さが300gしかない。EOS Kiss Digital の半分以下の軽さ。

・LRGBフィルターを別途購入すればカラー化も可能。

 これはまあ、EOS Kiss Digital があるのでいいかなと。

・嬉しい誤算があった!(以下を参照)

 

最初は画素数が25万画素でEOS Kiss Digital と比べると1/25だし、たいしたものは撮れないかな?と思っていたのですが、DSI Proの画像をパソコンに取り込む際に640×480(約30万画素相当)に画像処理が施されるのに驚きました。

しかも、ただ画像を引き伸ばすだけではなく、約50枚もの画像を自動的にコンポジット処理(Drizzle処理かな?)されるので、とても綺麗に見えます。

このDrizzle処理というのは、ハッブル宇宙望遠鏡でも採用されている技術なんだとか。

引き伸ばしにより、1280×960の120万画素相当にもなります。('▽')b

 

さらに、このDrizzle処理の機能には”非回転画像”にするというのもあります。

これは望遠鏡の架台が”赤道儀”(写真撮影向き)では無く、”経緯台”の場合に特に有効な機能です。

私の場合も、南向きのベランダに望遠鏡を置くときに、極軸が多少ズレていても補正できるものらしいので嬉しい。('▽')b

ビクセン製であれば、特にスカイポッド経緯台シリーズの望遠鏡にとても有用な機能であるので、天体撮影の敷居をぐっと下げるものだと思います。

ミード社は、もっとこういうところを宣伝していいと思うのですけどね~

※経緯台で天体撮影すると、星を自動追尾していても、中央から遠い部分は回転してしまい、星が流れて写ってしまいます。

月とか惑星は非常に明るいため、露出時間を短くできる場合(数秒~十数秒程度かな?)はあまり影響は無いと思います。

 

そして、このカメラの付属(というか肝かも。(^^ゞ)のソフトアウェアAutoStar SuiteEnvisage)がWindowsVistaでも問題なく動いたことです。('▽')b

NexImageがWindows Vistaで動作しないため、中断していたオートガイドも、このカメラとPHD GuidingでWindows VistaのノートPCで、チャレンジできそう。

PHD GuidingをWindows Vistaで動かす場合は、アプリケーションをWindows XP互換モードで動かす必要があります。

 

と、いうことで、なかなかにDSI Proはお勧めできる天体機材でした。('▽')b

まあ、天体観測歴たった7ヶ月目の人間の言うことですが。。。orz

 

最後に、DSIを使って撮影された写真のリンクを貼っておきます。

米ミード社 SELECT A DSI GALLERY

 こんなに綺麗な写真をいつか私も撮ってみたいものです。('▽')ノ

|

« 金星と土星 | トップページ | DSI Proの画像いろいろ »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/15023424

この記事へのトラックバック一覧です: なかなか楽しいDSI Pro:

» キャノンのデジタルカメラの上手な選び方 [キャノンデジタルカメラを徹底比較]
キャノンのデジタルカメラの上手な選び方 キャノンのデジタルカメラを選ぶ上で最も重要なことは、最初に自分がデジカメをどのように使いたいかということを明確にすることでしょう。 デジカメの種類も、キャノン以外にもかなりいろいろなメーカーから販売されています。型落ちの古い機種が安価で売られていることもあります。「とにかく写れば何でもいい」という人や、デジタルカメラ入門者は古い機種の売り尽くしなどを狙うと掘り出し�... [続きを読む]

受信: 2007.05.11 11:33

« 金星と土星 | トップページ | DSI Proの画像いろいろ »