« いよいよ発売! | トップページ | Vista対応GPUドライバ登場 »

2007.01.30

回答が届いた

VMC110Lで中央部分がリング状に非常に明るくなってしまう現象について、Vixenさんにメールしたところ、回答がありました。('▽')ノ

回答メールを、そのまま載せるのは、流石にまずいだろうと思って要点だけ羅列します。

 

・上記の現象は、カセグレン型望遠鏡の特性によるものと思われる。

・都会の明るい夜空の影響を受けやすい。

・夜空以外にも、周辺環境の光にも影響を受けやすい。

・上記現象を抑えるには、出来るだけ暗い夜空を見る。

・露出時間を短くする。

と、いう感じです。

 

確かに、周辺も同程度に高いマンションがあって、部屋からベランダに出て、カーテンを閉めても、真っ暗という訳にはいきません。

上の階のベランダに当たった光が反射してるのかも知れません。

なので、とりあえずは露出時間を落とすくらいの対処しか出来そうもありません。。。

まあ、Canonのユーティリティーを使うことで、この現象をかなり抑えられることも出来たので、それで良しとするしかなさそうです。

 

本当は山とか行って、天の川とか見たいのですけどね~

だんな様は、仕事でアップアップな状態ですし、私の愛車マーチくんも今は無い(流石に都会で2台もクルマを所有するのはキツイ)し、一人で暗いところで天体観測なんて、襲ってくれと言わんばかりだし。。。(ノ_<。)うっうっうっ

|

« いよいよ発売! | トップページ | Vista対応GPUドライバ登場 »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/13717871

この記事へのトラックバック一覧です: 回答が届いた:

« いよいよ発売! | トップページ | Vista対応GPUドライバ登場 »