« 今時の貯金箱 | トップページ | 最近はふらふらと遊んでます。。。 »

2006.12.24

初めての自動導入~

Etc0034_410月に購入して以来、初めての「自動導入」をしました。('▽')ノ

 

今までは、SXデスクトップ脚をつけて、移動用のローテーブルに載せて、部屋の中から観察してたんですね。

でも、これだとベランダの手すりや、上の階のベランダの突起部分のために望遠鏡で見える範囲がかなり狭くなってしまうのです。

しかも、部屋はほぼ南南西を向いているのですが、そっちの方向には高層マンションが乱立してて、ベランダの手すりよりちょっと上を向いたところは、望遠鏡の視界に光がモロに入ってしまいます。

月の場合は、月が明るいので、今までほとんど問題になることは無かったのですけどね。

 

ちなみに、「自動導入」の前提は、「アラインメント」されていることなのですが、「アラインメント」するためには複数の星を望遠鏡の視野に入れて調整する必要があるのです。

部屋からの観察では、複数の星を見つけることが出来ないので、今まで「自動導入」は諦めていました。

一応、キャンプに行ったときや、外で星見できるように、専用三脚は買ってあったので、天気予報を見て、夜も快晴なのが分かったので、思い切ってベランダに出て、観察することにしました。

今の時期のオリオン座は、23時ごろに南天に登ってくるので、ベランダに出てぎりぎり見えるくらい。

 

で、ベランダに出て、専用三脚をセット。水準器を使って望遠鏡を載せる台が水平になるように三脚の脚を伸ばします。

SX赤道儀を持ってきて、三脚にセット。コンパスで、北を確かめながらSX赤道儀を北に向けます。

緯度はGoogle Earthで確認して、調整。

その後、SX赤道儀にバッテリーからの電源と、「STAR BOOK」を接続して、望遠鏡を初期位置にセット(SX赤道儀に付いている黒い印を合わせる)。

そして、緯度と経度を覚えさせます。

 

まずは、星図モードで、「シリウス」を選択し、「自動導入」。

この時点では、ほぼ「シリウス」の方を向きますが、望遠鏡の視野の中心には来ません。

スコープ・モードで、望遠鏡を動かしながら「シリウス」を視野の中心にして「アラインメント」。

 

マニュアルを読むまで気がつかなかったのですけど、ズーム状態にすると、望遠鏡の動きが遅くなり、ワイド(メニュー上は「ズーム -」)にすると望遠鏡の動きが早くなるんですね~

知らなかった。。。orz

 

次は、オリオン座の「リゲル」に合わせて同じように「アラインメント」。

で、星図モードで「オリオン大星雲」を選択して、「自動導入」と操作したら、あっさり望遠鏡の視野のほぼ中心に収まりました。

おおっ、すっげ~簡単ジャンっ!!!

 

Img_0928で、カメラを付けて、撮った写真がコレ

A80SS(口径80mm、焦点距離400mm)の直焦撮影です。

を~、オリオン大星雲が写ってるジャンっ!!!

感動~(≧ ≦)Ω ヨッシャ!

 

欲張って拡大撮影しようとしたら、ピントがずれて合わせられない。

いろいろ弄ってたら、「アラインメント」がずれてしまったようです。。。orz

まあ、とりあえず今日はここまで。

またの機会にがんばろ~っと思ったのでした。('▽')b

|

« 今時の貯金箱 | トップページ | 最近はふらふらと遊んでます。。。 »

天体観測・天体写真」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/13181155

この記事へのトラックバック一覧です: 初めての自動導入~:

« 今時の貯金箱 | トップページ | 最近はふらふらと遊んでます。。。 »