« この週末が命 | トップページ | Windows Vistaの起動音 »

2006.11.11

Windows Defender正式版登場

11月8日にお伝えした無料のセキュリティ対策ツールのうち、Windows Vistaで正式提供される「Windows Defender」がβ2から、正式版へとアップデートされました。

正式版になり、無料のサポート・インシデントが2回分つくことになります。

 

たいていのウィルス対策ツールは、ウィルスのチェックはやってくれますが、スパイウェアのチェックは不十分という話もあって、可能ならばそれぞれのツールを導入した方がいいとの話もあります。

無料だし、Windowsを使用している方は導入しておいた方が安心かと思います。

この辺のことは、以下をご覧くださいませ。

ITmedia エンタープライズ:ウィルス対策とは異なる6つの視点

ITmediaエンタープライズ:どっちを選ぶのが賢い?

  

ちなみに、システム要件としてWindows XP SP2以降又はWindows Server 2003 SP1以降となっていますので、ご注意を。

|

« この週末が命 | トップページ | Windows Vistaの起動音 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/12641086

この記事へのトラックバック一覧です: Windows Defender正式版登場:

» Windos Defenderをインストールしてみた [臨機応変?]
 ニュースサイトを見ているとWindows Defenderの日本語版がダウンロ... [続きを読む]

受信: 2006.11.11 13:05

« この週末が命 | トップページ | Windows Vistaの起動音 »