« 「ちょいテレ」届いた('▽')ノ | トップページ | クラッシュ・ブレイズの新刊! »

2006.11.17

PLCの実力は。。。

Etc0040_111月13日に、パナソニックから発表されたPLC

コメントに散々なことを書かれてますが、実際に実機を使っての検証した記事がありましたので、ご紹介を。

 

日経パソコン PConline

 【速報】話題の電力線通信アダプターの実力を検証!

 

テスト環境は、1LDKのマンション。

以下の実効速度は、記者の方が実際にテストして、算出したテスト値です。

コンセントは、配電盤を経由して敷設された電力線で、直線距離にして約20m。

PLCの理論上の最大速度は190Mbpsで、実効速度が55Mbpsとの謳い文句でしたが、このテストでは残念ながら30.8Mbps

 

次に、コンセントとPLCの間に、電源タップを経由させてみると、1つだけで約10Mbps低下。

2つ繋いだだけで、PLCアダプタ同士の通信が確立できない。

なので、コンセントとPCLアダプタは、直結しないとダメ。

 

このコンセント直結状態で、更にPLCにもっとも影響を及ぼすと言われる携帯電話の充電器や、パソコンのACアダプタなどを、PLCとは別のコンセントにそれぞれ追加。

すると、3分の1の実効速度11.9Mbpsまで落ち込む。

PLCの挿さっていないコンセントは別のコンセントに、充電器やACアダプタを挿しても3分の1とは言わないまでも半分程度まで落ち込む

この辺の詳しいテスト値は、こちらで。

 

ちなみに、100BASE-Tの場合の実効速度は約55.8Mbps、無線LANのIEEE802.11gの場合の実効速度は8.6Mbpsだとか。

やっぱり線を敷設できる環境であれば線が一番ですね。

で、敷設できない(物理的な可否や外観上の問題など)場合は、無線LANか、PLCかのいずれか。

ただ、現時点では無線LANの方が価格的に安いのと、次世代のIEEE802.11nに対応した無線LANも登場間近ですので、無線LANが有利だと思えます。

※802.11nに対応した無線LANとしては、コレガ製品を出しています。

 

あとは1階と2階などのように間にどうしても遮蔽物が入ってしまって、電波が届きにくいようなところに使うかどうかですね。

しかし、記事を読んだ限り、PLCは使い難いですね。

設置は簡単ですが、電力線に如何にノイズを乗せないようにするということが、目に見えない分だけ本当に難しそうです。

|

« 「ちょいテレ」届いた('▽')ノ | トップページ | クラッシュ・ブレイズの新刊! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/12721354

この記事へのトラックバック一覧です: PLCの実力は。。。:

» なぜ電力線通信、PLCに反対なのか [野々村の色々]
先日のエントリーへのコメントにも書いてありますが、改めて別途エントリーとして書いておきます。 私がなぜ反対しているかと言えば、既存の短波利用者をないがしろにして、ただ便利だからという理由でそれを踏みにじってて良いのかということが原点です。 過去の記事 を見ていただければ分かりますが、趣味の無線だけでなく多くのプロ無線、短波放送に影響があるのです。PLCは確かに便利な技術だと思います。 それは私も認めています。しかし現時点での技術では他の放送や通信に多大な悪影響を与えてしまうのです。これが解決している... [続きを読む]

受信: 2006.11.17 18:33

« 「ちょいテレ」届いた('▽')ノ | トップページ | クラッシュ・ブレイズの新刊! »