« やっぱり延びたメンテ時間 | トップページ | いったい何がおきてるのやら »

2006.10.12

天使と悪魔

4042955010_3ダ・ヴィンチ・コード」で日本でも有名となった、ダン・ブラウン著の「天使と悪魔」を買いました。

この「天使と悪魔」も映画化が決定だとか。

まあ、文庫が6月に出たので、ご存知の方も多いとは思いますが。。。

私は、今日の帰りの電車の中で「ダ・ヴィンチ・コード」を読み終えたので、本屋さんを物色してるところで見つけたばかりなのです。。。orz

 

私の読書は、通勤の往復で、電車やバスで椅子に座れたときに暇つぶしで読む場合と、休みの日に読む場合があります。

ダ・ヴィンチ・コード」は、文庫になってすぐに買ったのですが、そのときは茅田砂胡さんの小説にどっぷりハマっていたので、家では読まずに、通勤用にとってあったのです。

8月くらいから読み始めて、今日までかかりました。

で、通勤用の次の本ということで、「天使と悪魔」を選んだのです。

 

ちなみに、この本は、ラングドン先生シリーズとしては第一作となります。 

なので読む順番が逆になってしまったのですけどね。

|

« やっぱり延びたメンテ時間 | トップページ | いったい何がおきてるのやら »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/12254954

この記事へのトラックバック一覧です: 天使と悪魔:

» 天使と悪魔(下) [風と雲の郷(旅と読書と資格と・・)]
 「天使と悪魔」の文庫版3分冊をやっと下巻まで読み終わった。誘拐された教皇候補たちは、ハサシンの手によって次々と殺されていく。犯行の行われる箇所の手がかりは4大元素(土、空気、火、水)。ラングドンとハサシンの戦いが続く。「反物質爆弾」はどこに隠されてい...... [続きを読む]

受信: 2006.10.19 20:35

« やっぱり延びたメンテ時間 | トップページ | いったい何がおきてるのやら »