« ハングリータイガー | トップページ | ムシキングと☆の関係 »

2006.09.26

PS3のグラフィックス事情

TGS(東京ゲームショウ)の入場者数は、3日間で192,411人を記録したとか。

やっぱりゲーム次世代機、新ゲームタイトルの話題のおかげかもしれません。

PS3も値下げして、良かったですね。('▽')b

 

PS3と新作ソフトとを組み合わせた試遊台もあって、なかなかに盛況だったようですが、裏事情は結構大変だったようです。

PS3のグラフィックチップは、当初nVIDIAのGeForce7800GTXベースということだったらしいのですが、実際は下位モデルの7600相当になってしまったようです。

PS3開発モデルを、PS3実機に持っていくと、グラフィックス・パフォーマンスが思うように出ず、レンダリング解像度を下げたり、シェーダーを剥がすなどのデチューンを行って、再度PS3実機に持っていたらしいとか。

この辺の難しいお話は、こちらで。

GMAE Watch

 

こんな裏事情があったにも関わらず、Xbox 360を含む次世代ゲーム機で、試遊台もあって、巨大なスクリーンに映し出されるその画面を見て、すごいなぁと思います。

まず、なにより解像度の向上。

現行ゲーム機は、現在のTV解像度(720×486の80%程度)に映し出せればいいのですが、PCゲームは1024×768以上が前提のものが多いので、これと比べると荒いですよね。

それがですよ?

今回の発表で、PS3の下位機種でも対応したHDMI端子(1080p)があります。

今や売り文句の1つにもなっている”フルスペックHD(1920×1080)”対応の薄型TVも普及しつつあります。

まだ、私にとっては、とっても高価なものですが。。。(;^。^A アセアセ・・

 

パソコンで言うと、本体(ビデオカード)とディスプレイですが、次世代ゲーム機はパソコンと比べても引けを取らなくなりました。

というか、現時点では超えたかも?

 

そんな印象が強かった次世代ゲーム機でした。

|

« ハングリータイガー | トップページ | ムシキングと☆の関係 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/12047305

この記事へのトラックバック一覧です: PS3のグラフィックス事情:

« ハングリータイガー | トップページ | ムシキングと☆の関係 »