« カヌーと、乗馬と、ハイキング | トップページ | 帰りたくない病 »

2006.09.08

Jasper Park Lodge

Yjajpl_h01_b 今回のハネムーン最後のホテル「Jasper Park Lodge」にやってきました。

今までのホテルと比べると、こちらは平屋建てなので、あまり目立たないのですが、実はそこが売りなのです。

このホテルは、フロントと食堂などの共有施設が、リンク先で見れる大きな建物にあり、この建物の周辺にロッジが沢山あります。

お客さんは、そこに泊まることになるのですが。。。

 

このロッジとロッジの合間に、沢山の動物が居るのです。

シカみたいな大きな動物も居れば、水鳥みたいな小さな動物も沢山いるんです。

動物園に、ロッジがあるような感じなの。

ちなみに、動物を飼ってる訳ではなく、一応野生動物です。

豪華絢爛とはいきませんが、動物たちや自然を身近に感じることができて、最後にこのホテルを選んでくれたJTBに感謝です。☆⌒(*^-°)v Thanks!!

 

ちなみに、バンフとレイクルイーズはクルマで1時間ほどの距離なのですが、ジャスパーまでは100Km近くあります。

その間に、いろいろと見学ツアーが組まれていて、様々なものを見て来ました。

Paytoまずは、 有名なペイト・レイク。

岸辺までは降りていくことはできない(あるのかも知れないけど、ツアーには無い)ので、展望台から見学のみ。

カナディアン・ロッキーの中でも、その神秘さでは随一。

季節や、時間帯で、湖面の色が様々に変わるのです。

 

なぜカナダの湖って、青緑色なんでしょう?

答えは、氷河から流れ出る水の中に、非常に細かい粒子があり、この粒子に光が当たって、光が散乱し、青緑色になるんだそうです(本当は、光の波長の話や、散乱とかについて細かく書いてありましたが、何分英語なので、理解できずにいます。。。)。

 

Takakau 高さ384mもあるタカカウの滝。

「タカカウ」とは、先住民の言葉を英語にすると”It's wonderful”なのだとか。

この滝を見て、二人で驚いてる姿を、ツアーで一緒の方に撮ってもらいました。('▽')ノ

私達のようにハネムーンというカップルは居ませんでしたが、夕食は大抵いつも一緒にいる人たちばかりなので、女の子同士では随分と親しくなりました。

 

Columbiaicefield最後は、 アサバスカ氷河。

これでも、コンビア大氷原(325平方Km)から流れ出した氷河の一番先端部分なのです。

1年間に125mの速さで動いてるそうです。

この氷河へは「雪上車」で行きます。

でかいっ!!タイヤが、私の肩くらい?まであります。

 

と、まあ、いろいろと観光できたです。

明日は、ジャスパー周辺をハイキングする予定。

 

あ、氷河で水を飲んでみましたが、今のところお腹壊してません。大丈夫だったと思います。

長生きできるかな~?

|

« カヌーと、乗馬と、ハイキング | トップページ | 帰りたくない病 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/11797367

この記事へのトラックバック一覧です: Jasper Park Lodge:

« カヌーと、乗馬と、ハイキング | トップページ | 帰りたくない病 »