« ココログの解析情報(その1) | トップページ | Kelethinが戻ってくるっ!! »

2006.08.28

ココログの解析情報(その2)

バージョンアップ後の解析情報には、新に追加された沢山の情報があります。

なかでも大きく違うのは、”訪問者の情報”がかなり追加されたことです。

 

・アクセス環境

 どのプロバイダからか?

 OSは何か?ハージョンはいくつか?(

 ブラウザは何か?バージョンはいくつか?

 アクセス地域はどこか?(県別)

・訪問者情報

 訪問回数(リピート率):一人の人が何回訪れたか

 訪問頻度:一人の人が一日に何回訪れたか

 訪問周期:一人の人が何日に1回の割合で訪れたか

 利用期間:一人の人がどれくらいの期間利用しているか

 閲覧ページ数:一人の人が何ページ閲覧したか

・表示環境

 訪問者が利用しているディスプレイのサイズとカラー数

とまあ、これだけの情報を、いったいどうやって、どこに保存しておくのかという疑問が生まれるほど沢山の情報を分析してくれています。

これだけなら、訪問者一人一人のことは特定できずに、統計的な数字でしかありませんが、ココログの解析情報は、これだけには留まりません。

 

・行動パターン

 移動履歴:訪問者が、どこから来て、何を見ていったのか

この情報は、訪問者(ココログでは訪問者IDを使っている)を特定し、その人がどんな行動(どこから来て、どのページを見て行ったのか)を取ったのかが分かってしまいます。

どのページを、どのくらいの時間(滞在時間)見ていたのかも分かります。

 

こんな感じで、ココログ・フリーとは、比べ物にならないくらいの情報量なのです。

なので、私は使いこなせてません。。。orz

(個人的には、ココログ・フリーの解析情報見れるだけで幸せなのですけど)

 

他のブログ・サイトでは、どの程度の解析情報まで見れるのかは分かりませんが、もしこういった解析情報まで必要な方でしたら、ココログを使ってみるのもいいかも知れません。

別に@niftyの回し者ではありませんが。。。

詳しくは、こちらで。

ブログ:ココログサポート:ココログ通信(新アクセス解析活用術

|

« ココログの解析情報(その1) | トップページ | Kelethinが戻ってくるっ!! »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/70465/11650073

この記事へのトラックバック一覧です: ココログの解析情報(その2):

« ココログの解析情報(その1) | トップページ | Kelethinが戻ってくるっ!! »